クロスアートとは

クロスを張り替えずにクロスを再生させる全く新しいエコロジー工法クロスアート

  • 一般のクロス張替えでは、一度張り替えるクロスを全て剥がし、下地処理(クロスに専用ののりを塗布したり等)をしたのち、 新しいクロスを壁面や天井へ貼っていきます。これでは剥がして新たなクロスを貼る時間や、剥がしたクロスを処分するコストがかかる上、 剥がしたクロスのほとんどがリサイクルしにくいため環境面で良くありません。


    「クロスアート」は専用の染色コート剤をクロスへコーティングし、後は染色コート剤を乾燥させるだけなので、 一般のクロス張替えで実現できなかった時間とコストの大幅カット、産業廃棄物を一切出さないことが可能になりました。

    その他にも一般のクロス張替えにはなかった効果があります。

  • 新しいエコロジー工法 クロスアート

クロスアートはこんな方にオススメです!

  • とにかくクロスの張替えにかかるコストを安く済ませたい
  • 部屋の臭いや壁紙の小さな破れ、クロスの剥がれが気になる
  • 小さな子供、年配の方がいてシックハウス症候群にならないか心配
  • 貸していた賃貸部屋が空いたため、原状回復工事をお願いしたい
  • 建物の廊下をきれいにしてほしいが、人がよく通るため早く終わらせてほしい

クロスアートが選ばれる3つのポイント

  • 40%のコストカット

    一般的なクロスの張替えが
    1,000円~1,200円/㎡に対し、
    クロスアートは破格の
    600~円/㎡での施工が可能。

    安さの理由
  • 従来の施工に比べて40%時間短縮

    一般的なクロスの張替えが
    6畳(天井含)で約6~8時間に対し、
    クロスアートは最短の
    約2~3時間で施工が完了します。

    短納期の理由
  • 産業廃棄物なし、環境にやさしくECO

    一般的なクロスの張替えでは
    産業廃棄物などが出ますが、
    クロスアートは一切出ず
    有害な物質を含んでいません。

    ECOな理由

クロスアートの8つの特徴

  • ①壁紙の柄、凹凸をそのまま残し、カラーリングも可能

    ①壁紙の柄、凹凸をそのまま残し、カラーリングも可能

    元々のクロスの柄はもちろん、塗装膜と違い厚塗りにならないので数ミクロンの繊細な凸凹柄もそのまま残ります。質感・触感もほぼ見分けがつきません。


    またカラーバリエーションが現在4色(アイボリー・ヤニ用アイボリー・ホワイトアイボリー・ホワイト)あるため、ちょっとした模様替えや、お部屋などの雰囲気を変えたい場合でもご利用いただけます。

  • ②小さな破れやクロスの剥がれも補修が可能

    ②小さな破れやクロスの剥がれも補修が可能

    壁紙の補修と同じコーキング・パッチ工法で補修してからクロスアートを施工します。

  • ③耐用年数は最低約8~10年

    ③耐用年数は最低約8~10年

    1つの目安として耐用年数を8年~10年としていますが、施工場所の使用環境次第では10年以上の耐用性が有ります。

  • ④同じ箇所に何度でも施工が可能

    ④同じ箇所に何度でも施工が可能

    コーティング膜が薄いので同じ壁、天井に何度でも施工可能です。
    また何度塗り重ねても壁紙が剥がしにくいなどの心配もありません。

  • ⑤入居中でも施工が可能

    ⑤入居中でも施工が可能

    一般的なクロスの張替と違い大掛かりな作業ではなく、ペンキと違い塗料の飛び散りもないので家具を少し動かすだけで施工可能です。 また壁紙の張り替えと違いホコリも立たず、施工中の音も気になりません。

  • ⑥施工後にクロスが剥がしにくくなったりしない

    ⑥施工後にクロスが剥がしにくくなったりしない

    ペンキなどの場合、その粘着性のため壁紙と壁がくっついてしまい壁紙が剥がしにくくなりますが、 クロスアートは壁紙の表面をコートするだけで裏にまで侵食しないため壁紙が剥がしにくくなるという心配はありません。

  • ⑦抗菌・消臭効果が約5年程度持続

    ⑦抗菌・消臭効果が約5年程度持続

    クロスアートを施工した壁紙が、菌やインフルエンザウィルスなどを自ら除菌してくれ、ペット臭やたばこの臭いなども自ら吸着分解してくれます。 このような抗菌力や消臭力が、施工後最低5年間は持続します。有害なホルムアルデヒドも99%除菌してしまうためアトピーの方も安心です。 アトピー専門病院の診察室をクロスアート施工して効果も確認済みです。また施工直後、アロマフルーツの香りがします。嫌な臭いは一切しません。 香りは施工時と施工直後だけで3日ほど経過すると無臭となります。

  • ⑧国土交通省にも認可されている工法

    ⑧国土交通省にも認可されている工法

    全国的に徐々に需要が増えて来ています。賃貸マンションだけでなく、その機能性からホテル、病院と幅広く施工実績を積んでおります。

クロスアートの施工の流れ

  • step.1 現場到着・施工準備・説明
  • step.2 現地調査
  • step.3 家具の移動・養生
  • step.4 専用染色コート剤を天井・壁面へ塗布
  • step.5 専用染色コート剤の乾燥
  • step.6 お客様への確認
  • step.7 片付け
  • step.8 撤収

クロスアートの詳しい施工の流れについては下記をクリック

施工の流れ

クロスアートの施工実績

    • before
    • after

    2017.09.07

    熱海市 和室1部屋

    【費用】

    【所要時間】

    詳しく読む
一覧はこちら